×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

楽団紹介

      あきる野市吹奏楽団は1990年に秋川市青少年吹奏楽団として発足。 秋川市と五日市町合併後はあきる野市吹奏楽団として年に6〜7回の本番、依頼演奏を行っている。

    ■主な本番

     2月 あきる野市吹奏楽音楽の祭典
     7月 西多摩吹奏楽フェスティバル
     8月 コンクール
     秋〜冬 定期演奏会
     通年 依頼演奏

    指揮者紹介

    ■小玉 公二(こだま こうじ) / あきる野市吹奏楽団常任指揮者  1960年岩手県に生まれる。岩手県立黒沢北高等学校を経て、武蔵野音楽大学音楽学部器楽器科でクラリネットを選考。 クラリネットを千葉国夫氏に、指揮法を村方千之氏に師事。平成元年に東京都秋川市立西中学校に着任し、吹奏楽部を創立。創立からたった3年で全国大会までに育て上げた。
     東京都青梅市立第三中学校では、管楽合奏コンテスト全国大会3回出場。TBSこども音楽コンクール5年連続東京代表として東日本大会に出場。全日本アンサンブルコンテストにて金賞受賞。平成21度より青梅市立泉中学校に赴任。丁寧な柔らかい音作りが『小玉サウンド』として評価が高い。
     あきる野市吹奏楽団では創立から携わり、現在当団常任指揮者。